先日、オーストラリアの有名なクリケット選手についてのドキュメンタリーを見ました。シェーン・ウォーンは間違いなく歴史上最も有名なクリケット選手です。彼はクリッケットの試合で伝統と格式があり最高レベルであるテストマッチで700以上のアウトをとった名選手です。僕は彼の試合を見ていたときに、毎投球アウトを期待して楽しんでいました。

一方で彼は悪名をとどろかせています。八百長、ドーピング、試合中の喫煙、セクスティング(性的なテキストメッセージを送ること)、浮気、 ポーカー (悪いじゃないけど)です。

ドキュメンタリーの中インタビューに彼はこういうことを言いました。「パーティーにもよく行くけど、ときどきソファーでリラックスすることも大好き」

この番組を見終わったときに、そのことについて深く考えました。彼は両向性格者だろうか…両向性格者だろう。でも僕と同じタイプの両向性格者ではないと思います。

彼に会ったことはないけど、彼のいろいろなインタビューを見たことがあります。彼はとても積極的な人で、人生経験について恥ずかしがらないで話せます。例えば、2003年のクリケットワールドカップの直前にドーピングで1年間クリケット場に入るのを禁止されました。そのときは彼の母親から体重を落とすための錠剤をもらって飲んだそうです。彼はインタビューでドーピングのことについて自由に話しましたが、母親にたいして批判したメディアと元チームメイトに怒って攻撃しました。スーパースターも人の子です。僕もよく理解できます。

でも、彼と同じタイプの両向性格者ではありません。今年になって、両向性格者のことを知って、いろいろな事例を見てきました。そこから考えると彼はやはり僕とは違う異なる両向性格者だと言えると思います。

私たちは皆一人でテレビを見たり、音楽を聞いたり、本を読んだり、リラックスすることが好きですが、内向的な人は一日中その状態でリラックスできる一方、外向的な人は一人で映画を見たら、その後社交的なことをしたくなります。なぜでしょうか?社交的な人は、他の人と一緒にいることでエネルギーを得ているからです。

シェーン・ウォーンは両向性格者の中でも、 外向性が強い人です。

僕は逆で両向性格者の中でも、内向性が強い人間です。

誰かがあなたに 「私も両向性格者だよ」と言ったら、考えてみてください。
彼らは内向性が強いのか外向性が強いのか、観察してみてください。
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 外人両向性格者in東京 all rights reserved.