フェイスブック!皆さん、フェイスブックのアカウントを持っていますか。

僕は2006年からフェイスブックを使っていますが、いろいろな意見があるけど、今回の投稿からいくつか、フェイスブックについて思うこと を書きたいと思います。

第1章

嫉妬 (Jealousy)

皆さん、フェイスブックの友達は何人いますか。100人?500人?5000人?

ニュースフェードを見て嫉妬することがありますか。白状すると、実は僕は嫉妬することがよくあります。三つのタイプを紹介します。

一つ目のタイプは、いろいろな国を旅して、エキゾチックな料理を食べたりきれいな景色を見たりしています。僕はフェイスブックでその写真を見ると絶対に嫉妬します。

二つ目のタイプは、自分の生活を見せびらかしたがっています。「このレストランを見て!」「このホテルは最高だね」「このワインはおいしそうじゃない?」という写真をいつも載せています。最近ニュースを見たら、ネット詐欺で逮捕された人がいました。彼女はツイッターを使って、贅沢な生活を見せびらかしていました。

三つ目のタイプも、よくフェイスブックに写真を載せて、「このパーティーが最高」「私はたくさんの友達を持っていますよ」「私は人気者だよ」とアピールしています。

僕はこういう投稿を見ると絶対に嫉妬します。もちろん、その国に行きたいのに今日も仕事があるからです。もちろん、高級なレストランに行きたいのは、僕の手料理が美味しくないからです。僕は両向性格者だけど、そのパーティーには行きたかった です。写真を見ると、美しい女性がいっぱいいるし、みんな楽しそうに笑っていて、踊ったり、美味しい飲み物を飲んだりしているので嫉妬してしまいます。実際は、僕は写真を見て行きたいと思っても 内向的な両向性格者の僕はちょっと不安になってしまうのですが。

しかし、僕にはビジネスの目標があるから、これらの写真を見て嫉妬するのに、自分に目標があるということを思い出せなければなりません。もちろん、今はその国に行きたいです。もちろん、今日はそのレストランに行きたいです。しかし目標を達成するためには、いろいろなことを犠牲にしなければなりません。今行けなくても目標を達成して5年後に行けるかもしれません。

フェイスブックを見て、考えすぎないほうがいいと思います。そのパーティーの写真の背景がわかりますか。その人たちは写真では笑っているけれど、1分前には 喧嘩をしていて、写真のために作り笑いをして、撮ったらまた喧嘩を再開するかもしれません。

両向性格者は他の人のフェイスブックライフを気にしないほうがいいと思います。どうしても気になってしまうならいっそフェイスブックを見ないほうがいい。彼らは彼ら の人生を生きています。私たちは自分の人生を生きるべきです。

次回は家族と友達についてフェイスブックの使い方を説明します。

Only the blog author may view the comment.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 外人両向性格者in東京 all rights reserved.