第2章

家族と友達 (Family and Friends)

僕にはフェイスブックフレンドが558人います。いろいろな国の人で、とてもインターナショナルなフェイスブックアカウントだと思います。ある日、時間がある時に友達の国籍を数えると30ヶ国以上でした。もちろん多かったのは、出身国のニュージーランドと今住んでいる日本です。

僕にとってフェイスブックの良い点は、家族や学校の友達と連絡を取り合えることです。

僕は父方でも母方でも祖父母にとって一番上の孫です。僕と弟の次に36歳のいとこがいて、一番下のいとこは12歳です。世代が違いますね。しかしフェイスブックの写真で彼らの生活を見ることができます。たまに連絡すると彼らの日常がわかるようになります。例えば、最近、二人のいとこは子供ができたので、写真を見ることができてとてもうれしかったです。

いとこだけじゃなくて、いとこのパートナーもフェイスブックで友達になって、彼らのこともわかります。ときには、会ったことがないいとこのパートナーとも、フェイスブックで人間関係を築くことができます。

もう一つのフェイスブックの良い点は学校の友達と連絡を取り合えることです。僕は男子高校に通って、いろいろな友達がいました。同級生、スポーツ部の友達、今の彼らのことも分かるようになりました。驚いているのは、ニュージーランドじゃなくて外国に住んでいる友達が多いことです。いま思い出すだけでも、イギリス、スウェーデン、韓国、アメリカ、日本、タイ、カナダ、オーストラリア、オランダ、シンガポールとアルゼンチンに住んでいる友達がいます。彼らの今が見られるし、もしその国に行けば友達に会うこともできます。

また今年は高校時代のクリケットチームで同窓会をする予定です。私たちは1990年に全国高校クリケット選手権で優勝したのですが、今年は25周年だから、集まることにしました。もしフェイスブックがなかったら、チーム全員に連絡することは難しくなると思います。

フェイスブックは、写真とか意見とか見ることができる便利なものですが、たまにホームシックになることもあります。例えば、先週の金曜日に僕の家族はおばの家に集まって、クリスマスパーティーをしたようです。翌日、誰かがフェイスブックに写真を載せて、僕にタグをしました。僕にとってクリスマスは年中行事の中で一番楽しいイベントです。家族のパーティーはいつも楽しいものです。いろいろなゲームをやります。最後にサンタハットをかぶって、集合写真をとります。先週その写真 を見ました。

ホームシックにかかるということもあるけど、フェイスブックを通して友情を保てます。便りが途絶えていた友達とも再会できます。だからフェイスブックを使い続けていこうと思っています。

Only the blog author may view the comment.
// HOME //
Powered By FC2 Blog. copyright © 2017 外人両向性格者in東京 all rights reserved.